883トラブル★原因その2

今年に入ってから、いろんな部分で異音がしていたのだが、その原因はこれ(↓)

c0090639_18305729.jpg
c0090639_1831980.jpg

c0090639_18324675.jpg


アイドリング時のバスバスやパーンというアフターファイヤーなどの不具合は、インレットバルブに蓄積したカーボンによってバルブの閉まりが悪くなることがあり、不完全燃焼を起こしていた。
カーボンが蓄積した原因はバルブシールからオイルが漏れてきて、それが固まった。
エキゾーストバルブのシート付近に、かなりカーボンが蓄積している。
ピストンが真っ黒で、クランクケースからオイルが上がってきてしまった結果。
アフターファイヤーは、このピストンのカーボン蓄積が原因かもしれない、とのこと。

c0090639_1833172.jpg


オイルが上がってきた原因は、シリンダー(↑)に傷が入ってしまって、そこからオイルが上がってきた。ピストンリングの張力の低下もあり。



とにかく、どこもかしこも真っ黒黒〜〜。
こんなに真っ黒になるってことは、環境にも相当悪影響を及ぼしてるよね?
自然環境に携わる仕事をしている手前、複雑な気分…。
エコハーレーって、造れるのかな…。

つづきは、また後日!
[PR]

by neoyuka | 2009-05-21 18:41 | ハーレーダビッドソン