ひったくり事件について

最近、ひったくり事件が多い。
被害者は、ほとんどが女性。
以前、セコムさんと一緒に女性のための防犯本「ライフスタイルWoman360°」を制作したが、
男性に比べて女性はあらゆる面で危険にさらされている。

女子の皆さんに、ひったくりに遭わないために、守ってほしいこと。

道を歩くときは、右側
バッグは右手に持つ


ひったくり犯人が原チャリに乗って、後ろから近づいてくる場合、
右側を歩いている人を狙うと、犯人は右手でバッグをひったくることになる。

こういう手順だ。
スロットル(アクセル)側の手を離す
    ↓
奪ったカバンを左手に持ち替える
    ↓
そして、右手でアクセルを開けて逃げる

すべての動作が遅くなる。

だから、右側通行している人を狙うことはリスクが生じるため、狙われる確率が低い。

しかし、
左側を歩いて、バッグを道路側(右手)に持っていると、
犯人にとっては格好の餌食だ。

左手でカバンをひったくる
    ↓
アクセル全開で逃げる


子どもの頃に習ったことを思い出してほしい。
歩くときは、右側通行。

大人になると、右も左も関係なく、適当に歩いて、携帯でメールしながら、横断歩道のないところを平気で渡る。
さらに、ヘッドフォンをつけて夜道を歩いていれば、どうぞ狙ってください、と言わんばかりだ。

一瞬の出来事で、人生が変わってしまうこともある。
女性の皆さん、これから夏に向かって、薄着になる季節。
自分の身は、自分で守りましょう!
[PR]

by neoyuka | 2009-06-24 10:52