METALLICA backstage Meet&Greet その3.1 Larsの巻

9月26日、Meet&Greet、Robの次にKirk登場で、会場(というより通路?)はさらに盛り上がる。

Kirkは男性にしては、ちょい甲高い声を出す人で、遠くからでも声が良く聞こえる。
ドスのきいた(死語か?)バックコーラスの時のKirkとは全然違う。
少年っぽいね。
フィギュアのコレクションで有名だけど、少年のような無垢な感じがステキ。

Kirkの次はLarsだよね…。
Kirkがまだ前方の3人目くらいにいるというのに、もうすっかり緊張モード。
口数が少なくなってきた。

Mさんは以前から、LarsにメタリカTシャツのデザインについて、直談判するのだ! と張り切っていたので、その提案書(!)を見せてもらったりして、何とか気持ちを静めようとする私。
英語を書いたメモを見て、暗記しようとしたり…、でも、何をやっても落ち着かない。
あ〜。

すると、
またもや、前方で歓声があがっている!

え〜!!!
Larsが出てきた!
出てきちゃったよ!

さらに!

え〜!
こっちに歩いてくる〜!
こっち側から始めるわけ?
え〜!!

私は、Larsが来た瞬間、反射的に、あの”問題のバナー”を広げて、Larsに見せた!

すると、Larsは、

「I like it! I like it!  
 I want to hang it in my bedroom!」
 (と言ってたと思う、自信ないけど。)

と言って、私のバナーを指さして笑ってる!
やった!
覚えててくれてた!


そして、後方1番目の男性の元へ。

その隣は、Death MagneticのTシャツ着てる男性。

で、次が私…

あ〜、どうしてこうなっちゃうのかな…。
女子で一番最初になっちゃったよ。
これだけは避けたかったのに。
せめて、Mさんの後が良かった。
彼女の英語を聞いて、英語のおさらいできると思ってたのに…。

う〜ん。

1番目の男性、話、長いね…。
ずいぶん、ひっぱってる…。
何を、話し込んでるんだろ。
Lars、顔が真剣…。

c0090639_5412540.jpg


あ、終わった、次。

2番目の男性はすごくシャイな感じで、言葉少ない。

「どこから、来ましたか?」
と、通訳の人がきくと、
「沖縄です」
え〜!! 沖縄から来てるの〜!!

感動的! 
すごいファンだわ。

Larsがしきりに彼のTシャツが、Coolだと、ほめてる。
この会場で買ったのか?
どこで買ったんだ?
しつこく聞くLars。

「Jeff! Jeff!」(マネージャーさんを呼ぶLars)

彼が着ているTシャツについて、Jeffに何かを指示するLars。

すぐそばで、一部始終を見ながら、頭の中、まっ白の私。

そして…

あ〜、来た…。

「Nice to meet you……」
と、Larsが私の手に触れた時、緊張が頂点に達した。

「キャー!」

叫ぶ私。

Larsはすごい力で私の手を握り返し、彼独特のユーモアで言葉を返した。


「Oh! my God! Oh! my God!
  He is real! He is real! Oh! my God! 」



この瞬間、この日のために用意した質問も、覚えた英語も一切合切飛んでしまったのである…


まだまだつづく。


c0090639_5424619.jpg

Jamesの登場を首を長くして待つMさん…




[PR]

by neoyuka | 2010-10-17 05:59 | METALLICA