METALLICA backstage Meet&Greet その3.2 Larsの巻

METALLICA、Meet&Greetの興奮の様子をレポートしようと必死に書きつづってきたのだが、息切れがしてきた。
時間の経過とともに、どんどん記憶が薄れていくから、早く書かなくちゃ! と焦ってみたものの、あの2Daysの、特にMeet&Greetの体験を、誰かに伝えようすること自体、難しい。
なぜなら、私が感じたことを他の誰かと共有するなんて、不可能だからだ。
そこで感じたことは、私だけのものであって、それがすべてだ。
言葉でつづったところで、その感覚を正確には伝えられない。



私は、Larsと会ったほんの一瞬を、私だけのモノとして大事にしたいと思っている。

私が感じたこと、
それがすべてだから、
私だけのモノにしておきたい…。







がしかし、ここまできて、

Oh! my God! Oh! my God!
He is real! He is real! Oh! my God!


な〜んて、Larsに言われちゃった私が、何したかって?

オチをつけなきゃ、終わらないでしょ、このレポート。

だから、さらっと流して書きます。


Larsは、興奮している私に向かって、
「What do you want?」
と言ったので、私は
「Talking!」
と、こたえた。

「Talking!?」
と、オウム返しするLars、周りのみんなもドッと笑う。

やった!
ウケたね!
いや、別にウケを狙ったわけではなく、
前日のバナーについて、直談判したかったのである。
問題のバナー事件はここを読んでください♡

Larsにバナーを見せると、

「Very cool, and I especially like "LIPS".」

と、私が書いたメッセージの一部をさした。
そう、そこが好きだったの…。
嬉しそうに何度も「LIPS」と言うLars。

(ここは、Mさんしか知らない秘密があるのだが…。割愛!)


とにかく、
「昨日、あなたは私の叫びも聞かずに、別の男にスティックを渡したでしょ!」
と言いたかったのだが…、またもや、英単語をボソボソ並べる私。
(でも気持ち的には、大声で怒鳴りたかった!)

でも、通じるものだ。


c0090639_135559.jpg中央の女性は通訳の方


「He lied?! He lied?!」
驚いた顔で、大声で言うLars。

「Yes! I made it! I mede it!」
私も負けじと大声で叫んだ。

「Oh! Bugger!」
「Jesus!」


というわけで、Larsはスティックをあげた彼を見つけて返してもらうと言ってました。
※25日、最前列でLarsにスティックをもらった方、Larsがスティックを返してもらいたいそうです。
(もちろんジョークです!


「今日も最前列に来るか?」
と、Larsが聞いた。

「今日は行かない」
と答えると、Larsはちょっと悲しそうな顔をした。

やっぱり、行くべきか…。
とはいえ、この日一緒に見る予定の友人はMETALLICA初体験だし、あの戦場に行くのは到底無理…
仕方ないね。

そして、サイン。

Robにしゃがんでもらったことをすごく反省したので、今度は抱えた。
うっ…重い…。

で、やっぱり、書きづらそう…

「あっ!」


c0090639_1395473.jpg


書いてる途中で、Larsの手元が狂って、何だか不可思議なサインに…。


c0090639_1421171.jpg左がLarsのサイン



でも、タンクは軽いからOK。
バッチリです。
しかも、こっちは書きやすいからか、すごく丁寧に書いてくれた!

c0090639_143435.jpg



Beautiful!


c0090639_1443466.jpg



そして、ツーショット。
嬉しすぎて、笑い過ぎ、この顔。
Larsが腕を回してくれたんだけど、その指が痛くて…。
私の二の腕に食い込んでない?
やっぱり、ドラマーだけに普通にしてても、握力がすごいのか?


c0090639_1452929.jpg


撮影終わったあと、Mさんの所に移動する前に、どうしても言いたいことがあった。

焦って声を出そうとしたら、Larsも何か言おうとした。
それでおかしな空気になっちゃって。向かい合っちゃって。
まるで中学生の女子が好きな男子に告白するみたいな雰囲気に…。
しかも、観客がいる。
みんなが見てるなかで、言わなきゃいけないなんて…。
でもグズグズしてると、迷惑かけるし。
だから、思い切って言った…

「Would you hug me?」

と、小さい声で言ってみた。

すると、Larsは、私の声の5倍くらいの大きな声で

「Hug you!!!!」

と言って、両手を広げてくれた!


しかもすごい力で抱きしめてくれて感動したんだけど、結構、痛かった…。
やっぱ、握力の問題?

そして…
Larsは私の耳元で…









思いっきり、大きい声で…

Oh! my God! Oh! my God!
He is real! He is real! Oh! my God!



と、叫んだのである…。



c0090639_1554656.jpgPhoto by Mayumi T.


まだまだつづく。
[PR]

by neoyuka | 2010-10-18 02:11 | METALLICA