METALLICAライブ スタンド席にて その2

9月26日、METALLICAのMeet&Greetが終わったあと、ぼんやりと荷物の整理をして、サインをしてもらったスネアとタンクをクロークに預けにいったのが、6時半頃だったか。
会場の階段上ったり下りたり、さらにぐるっとまわって…、クロークまで散々歩いた。

そして、2階のスタンド席へ。

前日の過酷な最前列とは違って、とっても落ち着いた雰囲気。
正面右よりの席で、この日もカーク側だ。
こうして高い位置から見ると、ものすごい数の人間が会場にいることに、改めて驚いた。

「何人くらいいるんだろうね」
「1万人くらいいる?」
「すごい数。1万冊の本を売るのって、すごく大変じゃん。3000冊売るのだって必死なのに…。それが1日で1万人だもんね〜。METALLICAってすごいね」
※実際は1万5千人だったかな…

METALLICA初体験の友人も、出版社の人間。
だから、いつのまにか本が売れるか売れないかの話になってしまう(悲しい会話…)。

さいたまスーパーアリーナでは、過去にU2を観たが、スタンド席で見るのは初めて。物珍しくて、ライブが始まるまでの間、双眼鏡でいろんなとこを眺めて時間をつぶした。

そして…。
7時30分過ぎ。
The Ecstasy of Gold。
スクリーンに、The Good, the Bad and the Uglyの映像。

友人がスクリーンを食い入るように見ている(彼女も私も映画ファン)。

そして、そして!
Larsが!
キャー、Creeping Death!

スタンド席もなかなかいいではないの? と正直思った。
アリーナとは違ってドラムキットが全部見えるし、双眼鏡を覗けばもっと見える。
最前列では、顔と上半身は、よく見えたんだけど、クラッシュとかチャイナ、タムの陰で、ドラムを叩くLarsの腕が見えなかった。そんなことが少し残念だったのだ。

NYのMSGの2日目のスタンド席が、これまでで一番いい席だったのではないだろうか。(まだ4回しか観てないけど)
スタンド席と行っても、アリーナ部分が狭かったので、ステージに非常に近い。
さらに、私の席はステージと同くらいの高さ。まっすぐ直線距離でLarsが見えていた。
しかも、ラウンドステージだったので、360度のLarsだ。


c0090639_23261366.jpg©2010, The Metallica Club


しかし、いろんな場所で観るのはいい。
あの、モッシュピットやらも、上から眺めるとなかなかキレイだと思ったし。
4つのアリーナに一塊ずつあって、きれいに回ってる。

「すごいね、あれ!」

友人も初めて見る光景にびっくり。
しかも、NYの時の倍くらいの速さで回ってたような…。
ていうか、あれって、各塊にリーダーとかいるの?
※知ってる方がいたら教えてくださいね。

スクリーンに最前列に並んでるファンたちが映った。

「おっ!! いるじゃん、Mさん!」

バナーもしっかり映って。
たどり着けたんだ! すっごい根性! 
あ〜、私も一緒に行きたかったな…
さっきまでスタンド席を満喫していた私だったが、一転、後悔し始めた。

そして…。

アンコールJamから、カバー曲Stone Cold Crazyの後、Motorbreath。

いつものように、Jamesが

「S・e・e・k  A・n・d D・e・s・t・ro〜y!」

と叫んだ。

あ〜、これで終わっちゃうんだな。
この曲が始まると、本当、悲しくなってしまう。






終わったね。


c0090639_2327915.jpg©2010, The Metallica Club


3人がピック投げてる。
Larsもスティック、投げてる?!
危なくないのか?  
※アヘッドのスティックは重いので、ちょっと心配…


この日、Larsはステージから下りなかった…。

あ〜、最前列に行ってれば、きっとスティックくれたんだろうな…。

あのバナー。
せっかく気に入ってくれてたのに…。

この2日間、というより、METALLICAが来日するまでの1ヶ月。
興奮で夜も眠れない毎日だったが、あっという間に終わってしまった。
ライブが終わってしまうと、がっくりして何もする気がなくなる…
というのが、まぁ、お決まりのパターンなのだが、METALLICAは違う!
METALLICAファンは、この後も楽しめちゃうからすごいのである…!



METALLICA後日談へとつづく…


9/26 Set List

Creeping Death
Ride The Lightning
Through The Never
Disposable Heroes
The Memory Remains
That Was Just Your Life
Cyanide
Sad But True
The Unforgiven III
...And Justice For All
One
Master Of Puppets
Fight Fire With Fire
Nothing Else Matters
Enter Sandman
- - - - - - - -
Stone Cold Crazy
Motorbreath
Seek and Destroy

[PR]

by neoyuka | 2010-10-27 23:43 | METALLICA