野生動物

動物写真家の岩合光昭氏の作品に影響され、ケニアに旅したことがある。
国立保護区の野生動物を見に行くのが目的だった。

ずいぶん前の話だが、NHKの動物番組「地球ファミリー」(だったか)で、岩合氏はケニアのマラ川を撮影していた。
それは、ヌーがケニアからタンザニアへ移動する途中にある川だ。
マラ川には多くの危険が潜んでいる。川岸は急斜面でどろんこ。流れは速く底は深い。
そして、そこにはワニが待ちかまえているのだ。
そんな危険なマラ川を、ヌーたちは必死に渡る。
生きるために決死の覚悟で川に飛び込むヌーたちの姿を見て、私は思った。

人間はこれほど必死に生きているか? 

このヌーの映像がきっかけで、私はケニアへ行こうと決心した。
マラ川のヌーを見に行こうと思ったのだ。

あれから10年。c0090639_2104360.jpg
いまだ野生動物への興味は尽きない。
そして、ようやく追い続けてきたテーマを本にすることができたのだ。
今年3月に発売した「マカマカの地球歩き マカマカロシアへ行く」に続き、7月には続編「マカマカ南極へ行く」の出版。
故郷・アフリカを目指すハワイ生まれのアフリカゾウ・マカマカの目を通して、たくさんの野生動物を紹介したいと思ったからだ。

c0090639_2105721.jpgそこには絶滅が危惧される動物たちもたくさん登場する。
人間が快適な生活をしている影で、多くの動物たちが犠牲になっている…
(興味のある方はぜひ読んでみてください。巻末にはレッドデータアニマルズを写真付きで紹介しています)





「マカマカロシアへ行く」で登場したアムールヒョウ関連で多大なる協力をいただいたNHK自然科学番組チーフプロデューサー・小林達彦氏の最新番組が放映される。
小林氏が幾度かの取材を経て完成した、カナダ・マニトバ州のオオカミの番組だ。
皆さん、ぜひご覧になっていただきたい。
オオカミの知られざる世界を堪能できるはずだ。


★8月27日 夜7時30分から  
 NHK総合テレビ『ダーウィンが来た! 生きもの新伝説 オオカミの掟(おきて)』


公式HPもあります。
http://www.nhk.or.jp/darwin/program/index.html

小林氏はハーレー乗りでもある。
いつかハーレーの番組も製作してもらいたいものだ……
[PR]

by neoyuka | 2006-08-25 02:35